よくある質問

よくある質問

インスペック グループの設立された背景とは?

一般的に、海外プロジェクトは難しいと考えられる傾向があります。これは、特に御客様が、現地のエンジニアリング会社へ工場建設を依頼された際に、設計、調達、施工段階で発生する追加コストによるプロジェクト予算の大幅な超過で苦労されるケースが多いことに起因していると察します。

インスペック グループは、こうした御客様に、海外でプロジェクトの「成功」を勝ち取って頂くために、様々な経験や知見をシステムとしてコストパフォーマンスの高いサービスを提供することを目的に設立されました。

 

インスペック グループは「ゼネコン」ですか?

所謂、一般的に言うゼネコンとは、ビル、橋梁及びインフラなどに特化した大手建設会社です。
一方、工場建設の場合、むしろこうした建物や構造物の中に設置される生産設備(プロセス)が主体となります。これに特化した企業をエンジニアリング会社と言います。

弊社は、土建、機械、電計などすべての範囲において、設計から施工まで一貫したサービスが可能で、総合エンジニアリング会社と言います。

 

インスペック グループの他社との違いはなに?

御客様の海外進出に特化している点で、大手エンジニアリング会社にできない、きめ細かなサービスを提供致します。

オープンブック方式は、コストをガラス張りにすることで、一括請負契約(ランプサム)では見えなかったコストを、御客様が直に把握することが可能となり、また、プロジェクト運営においてお客様が主体となって意思決定することができます。

 

インスペック グループへ業務を依頼するとどんなメリットがある?

海外生産拠点を初めて計画される御客様でも、当社が適切にナビゲートしていきますので、安心してプロジェクトを成功させることができます。また、既に生産拠点をお持ちのお客様でも、従来とは違ったコストパフォーマンスの高い多くのサービスを受けられます。

 

どういう契約形態で進めるのか?

基本は、オープンブック方式によるGMP(Guarantee Maximum Price)契約です。

一括請負(Lump Sum)、CM(Construction Management)、T&M(Time & Material)契約なども実施しており、お客様のご要望に応じて対応可能です。

 

ンスペック グループの会社組織は?

会社概要のページをご覧ください。

 

本来の海外プロジェクトのあり方とは?


究極は、海外業務の「 完全モニタリングによるリモートマネジメント」です。

工場建設の場合を例にとると、御客様が、現場事務所に代わって、会社のパソコンのモニター上で、弊社が遂行している海外拠点のプロジェクト進捗状況(建設現場、コスト、スケジュール、品質、安全)をリアルタイムで把握できるシステムです。

投資当事者である御客様は、主に製造業の皆様です。その御客様にとってのコア・コンピテンスは、最適な生産拠点の決定・優秀な従業員の確保・プロセス開発・基本設計・ノウハウ機器の調達・建設後の生産行為であると考えます。

決して建設行為そのものが、御客様本来のビジネスでは無いはずです。御客様の工場建設プロジェクトチームにとっては、計画から建設に至るまで、極力少ない人材が現地に常駐し、実益試運転以降から生産が軌道に乗るまで、如何に少ない人数で短期間に完結できるかが重要だと考えます。これは、海外渡航費・滞在費・長期海外出張手当・移動に伴う時間のロス・安全リスクなどの観点でも、御客様にとっては、非常に重要であり最小限にしたい事項です。少なくとも従来のやり方は、御客様にとって「最適解」ではありません。

 

海外プロジェクト失敗の方程式?

海外プロジェクトで失敗する主な要素として次のような事項が挙げられます。裏返すと、これらを排除することが「成功」の秘訣でもあります。


  • 現地事情に関する情報不足、不正確な情報による誤った決断
  • 機器・工事引合の不備(所掌・仕様が明確でない、抜け、誤解、不適切なメーカ・業者への発注)
  • 契約書の不備(成果物・規定事項に関する記載不足、抜け、誤解)
  • 適切なプロジェクトマネジメントの不在
  • 適切なリスクマネジメントの不在
  • 大手業者だから、日系業者だからという根拠のない安心感
  • 問題の本質的解決が不適切で、その結果トラブルを起こし、そのために本社スタッフを大幅に投入

インスペックをよりよく知るための会社概要