コストの透明性と価格競争力

サービス内容

コストの透明性と価格競争力

弊社は、GMP(Guarantee Maximum Price)契約にて請負います。

 

この契約は、基本的には一括請負契約(Lump Sum)と同様、元請として責任を果たす契約であり、以下の記述のようなコストを詳細に把握でき、御客様が主体的なコスト管理が実施できます。一方、一括請負契約は、請負企業が御客様になり代りプロジェクトを主導しますので、仕様・所掌に曖昧な点が少ない場合は有効な契約ですが、請負企業は予備費を見込んだ契約金額であり、コストはブラックボックスとなりますし、契約書に書かれていない内容は全て追加費用として請求される、というリスクがあります。

今回貴社へのGMP契約は、基本設計を早期に完了させるために、分割した契約に応じることも可能です。

 

GMP (Guarantee Maximum Price) 契約

  • ベンダー価格を開示しますので、御客様が直にコストを把握でき、プロジェクト運営は御客様主体が可能となります。
  • 弊社の価格は<工事コスト+プロジェクト対応予備費(Contingency)+弊社諸経費>で構成します。
  • 御客様には、追加変更対応費をご予算計上頂きます、これは契約時に合意した所掌・仕様から変更になった事象の追加原価および不可抗力に備えた費用などに充当される費用となり、最大目標予算での契約が可能となります。
  • 工事コストを詳細に開示します。このため、プロジェクト対応予備費(Contingency)を認めて頂く必要があります、この予備費は、契約時に想定不可能な事象・不具合対処などに充てられます(予備費を使用しなかった場合は余剰金となり、契約時の取り決めに応じ、両社で折半となります)。
  • GMP契約により、コストの把握と管理、また、プロジェクト進捗中に起こり得る変更のインパクトを最小限に抑えることが可能になります。

数々のプロセスプラントプロジェクトの実績をご覧ください 

協力会社をご紹介します